臭いの原因

【生理的臭い】

口臭の中でも、口内の細菌の影響で発生する口臭のことを「生理的口臭」といいます。唾液の分泌量が減ると一時的に発生するもので、もっともイメージしやすいのが、起床時の口臭です。生理的口臭は文字通り身体的な問題によって生じるものではなく、(人間に限らず)誰もが抱える口臭です。

ただし、ストレスや疲労は唾液の分泌量の減退を招くため、結果的に過度の生理的口臭につながることもあります。

生理的口臭は口の中の雑菌に起因するため、基本的には歯磨きをするなど口内を清潔に保つことで防ぐことができます。また、唾液の分泌量を保つために、水分補給も重要になります。細菌の活動を抑えるという点では、「うがい」(特に就寝前)も効果的だといわれています。

 

【病的臭い】

「病的口臭」とは、口内の病気が原因で発生する口臭のこと。私たちに馴染みの深いものでは「虫歯・歯周病」があげられます。口内に病気が発生すると、プラーク(歯垢)が付着しやすくなり、口の中が不衛生になって雑菌が増えると、口臭の発生につながります。

「病的口臭」は「生理的口臭」と異なり、口腔内の病気を起因としているため、歯磨きなどの口内ケアをしても口臭を改善することはできません。解決法としては、病気自体を取り除くほかないため、この場合には歯医者で治療するしかありません。

しかし、そもそも歯周病や虫歯を防ぐことは可能です。日頃から欠かさず歯磨きをしたり、歯磨きの方法、歯磨き粉、歯ブラシなども適切なものを選ぶようにしましょう。

 

【消化不良による臭い】

体調不良等により消化不良に陥ると、口臭が発生してしまうことがあります。体調不良、食生活の乱れ、睡眠不足により消化機能が低下すると、消化不良を起こして胃や腸の中に悪臭が発生します。その悪臭は血液に溶け、最終的に肺まで運ばれると、吐息に交じって口臭として外に吐き出されます。

消化不良による口臭は内臓のトラブルに起因するため、いくら歯磨きやミントタブレットで口腔内の臭いケアをしても効果は薄く、根本的な解決にはなりません。

そのため、オーラルケアをしても口臭が消えないとお悩みの方には、「口臭サプリ」が非常に効果的です。口臭サプリは腸内環境の調整や消化器官の安定化を目的としているものが多く、一定期間利用し続けることで口臭・体臭の解決につながります。

 

【喫煙やアルコールによる臭い】

タバコやアルコールにより、口臭発生する場合があります。しかし、基本的にタバコやアルコールの臭いは一過性のものであり、病的口臭や消化不良を原因とする口臭のように継続されるものではありません。

ただし、タバコに含まれるタール(いわゆるヤニ)は、目に見えないほどの粒子として口や身体に付着し、蓄積されていきます。そのため十分なケアをしないと常に口の中にタールがこびりつき、強い悪臭を放つことになってしまいます。

アルコールやタバコの悪臭を取り除くには、オーラルケアが不可欠です。しっかりと歯を磨くのはもちろんのこと、臭い成分が舌にもこびりついてしまうため、舌も優しくブラッシングするようにしましょう。